夢聡窯・初窯レポート☆

先月の陶器市、個展に続いて今月に入ってからは
MY窯購入に伴う諸々の準備等でブログ更新はおろか
みなさんの所へもなかなか遊びに行けなくなってしまってごめんなさい><

12月22日、初めて窯に火を入れました。

「う~ん?なかなか手強いなぁ」試したり、工夫したりの覚える事が
盛り沢山って感じです。
なので、もうしばらくブログ更新等、スローペースなconcept-ifが続くと思います。

のんびりですが、今まで通り器とアートの記事をメインにアップして行きたいと
思いますのでこれからも宜しくお願い致します。

そしてMY窯購入の時には私がみなさんの所に遊びに行ってないにも関わらず
多数の温かいコメント、本当に嬉しかったです。
重ねてありがとうございました。

私も時間を見つけて、ポツリポツリですがみなさんの所へ遊びにいきますね^^

これから窯を使う中で色や形、陶器への印刷等…日々勉強&試して
いきたいって思っています。


-------------------------------------------

ここからは、初窯レポートです。
今日は、どんぐりまん先生立会いの元、夢聡窯に初めて火を入れました。

組み立てた窯に温度計を設置して
まずは、火のめぐりを確認しました。

その後、二本だけ小瓶を窯詰めして、棚板を重ねていきました。
b0073970_1939151.jpg


それから11時25分に点火。

初窯ということで、酸化の本焼き、最高温度1210度に設定しました。

b0073970_1946213.jpg


ゴーっとガスの燃える音がしています。
説明書を見て先生に教わりながら、メーターのメモリを上げていきました。
(このメーターが微妙な調整なんです・・・・)

b0073970_1956082.jpg


700度までなら、2時間くらいで上がっていきました。
素焼きなら700度くらいでいいそうなので
もっと時間をかけてやったほうがいいとのアドバイスなど聞きました。


小屋全部から煙がモクモクと立ち上がり、匂いもしてきました。
窯にも微妙に湯気が立ち上がり・・・また頭が痛くなるような匂いが・・・

工房にはいられないので、外で焚き火とストーブで暖を取りながら

今日の設定温度、1210度になるまで、焚き続け
16:12に無事に火を止めました。

途中、ガスボンベが気化するのに、凍っていく現象があり
温度が上がらず、もう一本に変えたりもしました。


全部で、4時間47分で終わりになりました。

ガスの元栓を締め、バーナーを締め、煙突を密閉して
少しずつ自然に温度が冷めるのを待ちます。

ここで、炭化の分を引取りして、先生は帰っていきました。

19時の段階で590度まで下がっています。

入れてあるものが
チタン釉の小瓶なので、設定温度が少し低いとは思いますが
80度まで下がったら、窯をあけていいとの事です。

明日は予定があるので、その後で、窯をあけようと思います。
また、後日、報告したいと思います。

どんぐりまん先生
一日、お付き合いただき、ありがとうございました。
アドバイスどおり、何回も繰り返して、コツを掴んでいきたいと思います。

無事、焼きあがっているといいなぁ~^^
[PR]
by concept-if | 2007-12-22 20:25 | ■陶芸

群馬県の片隅で器の制作。益子陶器市を中心に活動中。


by コンセプトイフ
プロフィールを見る