<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

来月のネコヤドのお知らせ と 酸化作品アップ♪ 

お知らせです。

3月2日(日曜日)に鹿沼市で行われる ネコヤド大市に
木工・革作家のGOURDさんと参加します。
前回、積雪の為、参加出来なかったので、今回、初参加です。

concept-ifとしては、マグカップやお皿、ミニ植木鉢、陶の鍵 多肉植物などを
用意しております。おまけのマグネットも持っていきますね~^^
皆様のお越しをお待ちしております♪♪
詳しくは、アンリロさんHPをご覧ください。

遠慮なく、イフさんって、声かけてくださいね~~^^

-------------------------------------------


このところ、窯焚きの時間が長くなったので
逆に窯焚きしながら、ロクロや削りなどの制作が同時進行
出来るようになりました。
時間と温度を見ながら、ガスを調節して、その合間に作業しています。
回数を重ねて、もっとペースを掴んでいけるといいなぁ~^^


白いカップや新しい作品もun*incさんに納品してきましたので
お近くの方がいらっしゃいましたら、のぞいてみてくださいね☆


先日焼きあがった酸化焼成の作品をアップします~


b0073970_18304681.jpg

■白御影・飴ドットマグカップ 取り皿 ぞうさんの箸置き

b0073970_18302031.jpg

■白御影・織部ドットマグカップ  織部取り皿 木型の箸置き

b0073970_18314912.jpg

■飴釉ドット湯のみ 取り皿 ハリネズミの箸置き 

飴釉(茶色)や織部(緑)は、昔から使われている伝統釉薬です。
雑貨チックでありながら、民芸チックなイメージで作ってみました。
土も白土や白御影(焼きあがるとツブツブしたものが表面に出てきます。)
を使ったので、それぞれに釉薬の流れる感じが違います。
それも楽しんでもらえると、嬉しいです。
[PR]
by concept-if | 2008-02-25 18:46 | ■陶芸

風和さんの二人展 と 窯焚きの相談

先週末に東京の府中にある、cafeミワさんで開催されていた
風和さんの二人展に行って来ました。

カフェの一角に展示スペースがあり
お父さんの麻や水の写真と娘さんである風和さんのヘンプアクセサリーが並び
天然力をテーマにした作品が並んでいました。

手前の葉っぱの写真が麻・・・つまりヘンプです。
b0073970_2142515.jpg


「ヘンプ」という自然素材をたくさんの人の知ってほしい・・・と言うことで
わかりやすく説明なども書いてありました。
私もヘンプとウッドビーズのネックレスをひとつ買ってきました。
後日発送なので、楽しみです♪
b0073970_216129.jpg


こちらは、風和さんから依頼を受けて作らせていただいた「陶」のトップを
素敵にアレンジしてくれていました。
b0073970_2163198.jpg

こういうコラボをさせていただけるのは、嬉しいですね~^^

b0073970_21173393.jpg

お土産にいただいたストラップ。この文字も風和さんが書いたそうで
<ブラッシュライテング(筆で書くカリグラフィー)>を習っていたとか・・・
こういう文字、素敵です☆
今後、お願いすることがあるかもしれませんので
その時は、よろしくお願いしますね。

-------------------------------

そして先日、どんぐりまん先生の工房に行って来ました。

焼成記録を書いたノートを見てもらって、時間や温度、釉薬や土などの
アドバイスを貰いました。
酸化・還元共に、グラフ的にはOKだそうなので
今後も焼成していって、データを取っていこうと思います。

炭化に関して、今後の焼成予定を出してもらいました。
2月末(こちらはすでにお願いしました)と
4月中旬の予定だそうなので
それまでに制作して、先生に焼いてもらうことになりました。
快く引き受けていただいて、感謝します。
よろしくお願い致します~^^

この日もどんぐりまん先生、奥様には、お世話になりました。
いつも美味しい珈琲、ご馳走さまです。

-------------------------------

b0073970_21373146.jpg

chihoさんにアドバイスいただいたノリタケチップ・・・
益子の材料屋さんには、置いて無かったです。
溶けた大きさで最高温度がわかるとか・・・
ネットで買ってみようかな~
[PR]
by concept-if | 2008-02-20 21:48 | ■陶芸

ゼーゲル と 還元・酸化の状況

お知らせです。
仲良くさせてもらっています、マイミクの風和さんが東京で二人展を開催しております。
ヘンプと写真の展示会ですので、興味のある方は、見てくださいね~^^

---------------------------------------------

今年に入り、何度も窯焚きの練習をしていますが
このガス窯では釉薬の色や溶け具合いなど
思うように焼き上げる事は
私が考えていたより、簡単なことではないのだと実感しております。

春の陶器市や個展などの締め切りもあるので
炭化に関して、今まで通り、どんぐりまん先生
お願いすることにしました。
先生、よろしくお願い致します^^

さっそく、今度の陶芸教室の時に持って行きます。

---------------------------------------------

先週、ゼーゲルを入れて、最高温度1250度 11時間30分プラスねらし30分
で初の還元(ダンパー3個使用、強還元)を焼きました。手前が7番、奥が8番です。
b0073970_20224321.jpg

向かって右より、下から棚板一段目、二段目、三段目、一番上の段になります。
三番目の段に温度計があります。
これを見ると、一段目と二段目は、1250度をかなり超えていることが
わかると思います。全体的に解けすぎて、棚板に張り付いてしまいました。
これで何度くらいなものなのでしょうかね??

温度計のある三段目は、1250度には、達していないことがわかりました。

温度計って、正確ではないのかな??

特にチタン釉などは、流れやすいため、一段目に入れたものは
棚板に張り付いてしまいました。
二段目もかなり解けてしまって、違う色になっております。
チタン釉薬の場合、1230度で焼くと、溶けきれなかったです。


直焔型の窯の場合、薬の熟成が出来にくい傾向にもあるようで
結晶釉の場合、ほとんど結晶が見られないことがわかりました。


酸化より還元の方が焼き締まりがいいのかなぁとも思います。

酸化の方は、14時間くらい焼いているので、前よりは改善されています。

土を数種類、割合を変えてテストピースを作ったりもしました。

マット釉は、自分で調合したもので
先生レシピと同じはずなのですが
温度の関係からか、溶けきれていませんでした。


温度や時間
棚板に置く場所や薬など
きっと、この窯のベストな状態があるのだと思うのですが
それがすぐにはわかりません。

時間をかけると薬が溶けすぎるし、時間を短縮すると焼きしまりの問題もあるし・・・
と言うことで、酸化、還元共に 今後も長い目でやってみようと思います。

---------------------------------------------

試作・テストピースです。
■酸化・かたつむりシリーズ
新しい化粧土・ズブ掛け、はけ塗り
b0073970_20402836.jpg

■酸化・十字架マグ
色化粧土で彩色
b0073970_20405247.jpg

■還元・マチエール
b0073970_2041881.jpg

■酸化・湯のみ
ハンコで数字を
b0073970_20412438.jpg

■還元・粉引き系
一番下の段に入れた還元のカップ
b0073970_20413792.jpg

[PR]
by concept-if | 2008-02-13 21:13 | ■陶芸

ネコヤドのこと と カフェ紹介

こちらは、今夜もシンシンと雪が降り積もっています。


昨日は、楽しみにしていた ネコヤド大市でしたが
concept-if & GOURD は
残念ながら、積雪の為、急遽、参加を取りやめました。


関係者のみなさま、すみませんでした。
そして、お越し頂いたお客さま、ありがとうございました^^


ハトコさんのブログに当日のレポートが載っております。


今回、エコバックでお買い物していただくと
何かプレゼントを・・・というお話だったので
私は、陶のマグネットを用意しました。
b0073970_21161159.jpg

画像は、ぞうさんですが、他にも、ハリネズミや洋ナシ、リンゴなど
好きなものを選んでもらおうと思っています。
■三つ足たまご植木鉢


来月の参加が決まりましたので、次回、持っていこうと思ってます。
近くなりましたら、また、お知らせしたいと思います。

-------------------------------------


そして先日、パスタ屋さんに行って来ました。


このお店は、佐野イオン近くにあり、いつも混んでいます。


個室もあり、ゆっくりとパスタや本格的なピザ窯で焼いた自慢のピザなどを
味わえます。ワインなどにも力を入れているようですよ。


今回は、パスタセットを選びました。
まずは、前菜を・・・
b0073970_21245440.jpg



パスタは、アマトリチャーナをチョイス。
b0073970_21255079.jpg

モッツッレラチーズがたっぷり入って、大満足な味です。


最後に、ケーキと珈琲を。
b0073970_21262710.jpg

モンブランの甘さがgoodでした。

ここのとろけるプリンもおススメです~^^

■佐野市鎧塚町322-1
■イタリア茶寮 ALDENTEINO VERDE
(アルデンティーノ・ヴェルデ)
■0283-27-2533
-------------------------------------

次回は、陶芸ネタをアップします。
[PR]
by concept-if | 2008-02-04 21:44 | ■カフェ

群馬県の片隅で器の制作。益子陶器市を中心に活動中。


by コンセプトイフ
プロフィールを見る